急性中耳炎の症状と原因

急性中耳炎は子どもがかかりやすい病気です。ほとんどの場合、風邪をひいた後などにウイルスや細菌などが鼻から耳へと感染することで発症します。

サイトトップ > 急性化膿性中耳炎

スポンサードリンク

急性中耳炎の症状と原因

急性化膿性中耳炎


一般的に、急性中耳炎というときは急性化膿性中耳炎のことを指していることが多いようです。この急性化膿性中耳炎は、風邪をひいた後にのどや鼻に存在しているウイルスや細菌などが、耳管を通って中耳に感染することで引き起こされる場合がほとんどです。


急性化膿性中耳炎は大人よりも子どもがかかりやすい病気です。子どもでも、特に5歳以下の乳幼児がかかりやすくなります。その原因として、子どもの耳管は大人よりも短く傾斜が水平に近いために、鼻の中にいる細菌が中耳に感染しやすいことや、大人よりも抵抗力が弱いために風邪をひきやすいことが挙げられます。


そのため、乳幼児は何回も急性化膿性中耳炎にかかることがあります。しかし、成長するにつれて抵抗力も増していくので、徐々にかかりにくくなっていきます。


急性化膿性中耳炎の症状として非常に多いものは、発熱と耳の痛みです。特に、その症状を上手く伝えられないような小さな子どもの場合には、頻繁に手を耳にやったり、ぐずったりしますので、そのような場合には急性化膿性中耳炎であることを疑った方がいいと思います。


大人の場合では、発熱や痛みの他に、耳の詰まりを感じたり、ものが聞き取りづらくなったりすることもあるようです。症状がひどくなると中耳に膿が溜まり、鼓膜を破って膿が外に出てくることもあります。


急性中耳炎の症状と原因

MENU



スポンサードリンク